【春】

ちょうど五月の連休を迎える頃になると
水芭蕉が咲き始める頃合いです。
羽黒館の庭先にもご覧のように可憐な様子で咲きます。
羽黒山有料道路入口近くの二夜の池や
松ヶ岡開墾記念場などでも湿原に広がる水芭蕉の群生を見ることができます。


【夏】
7月1日月山山開きの後
羽黒の宿坊街は1年の中で
最も忙しい時を迎えます。
行き交う白装束の人々で
活気づく季節です。

【秋】
8月末〜9月1日にかけて
秋の峰入りという
1週間の修行が行なわれ
これが終わると
手向は秋を迎えます。

【冬】
12月の大晦日の昼から
翌年正月の明け方にかけて
羽黒山頂の三神合祭殿、
庭上や補屋内で
様々な神事が行われます。




館内のそこかしこには
季節の花々が
さりげなく活けられ
心を和ませてくれます