昭和38年まで営まれていた月山7号目合清水小屋は
道者たちが一時は100人も泊まれたほど大きな小屋でした。
荷物を運んできた馬が登れるのもここまでで別名馬止めとも呼ばれ、
これより上にある小屋までは
強力と呼ばれた男たちが荷物を運んでいました。
合清水小屋はこれらの山小屋のベースキャンプとなっていたのです。


昭和16年の合清水小屋
昭和30年代の合清水小屋
昭和30年代の合清水小屋


昭和12年鳥崎神社秋祭りの日の写真。
昭和20年代羽黒館中庭にて
昭和20年代羽黒館玄関にて
昭和35年の合清水小屋



昔の月山7号目
合清水小屋付近の絵
下は小屋付近の拡大図



平成17年
合清水小屋の復元



羽黒町内の有志グループNPO法人蜂鼓山社中等によって山小屋の復元がなされました。